高砂支部ホームページ

 リンク先:(下記テーブルに示す箇所をクリックするとクリックしたエリアにリンクすることができます)

高砂トップページ へ   1. 高砂支部だより  (支部役員名簿や行事予定、その他連絡事項)
  2. 高砂支部同好会活動の内容  (活動予定及び直近の活動報告を記載)
世話人名簿 囲碁・将棋 ウオーキング グランド・ゴルフ
ゴルフ ハイキング カラオケ 文化展
  3. ネットワーク便り   (各部門内での行事予定【職場OB会】等々の連絡及び実施事項等)
  4. 高砂文庫   (寄稿コーナー:近況報告、紀行文、エッセ-、詩、短歌、俳句、ノンフイクション等々)
  5. 故郷たより   (ふるさと便り:会員が居住する地域社会での出来事や歴史等の紹介)

高 砂 文 庫

 この欄は会員の近況報告や紀行文、随筆、短歌、詩、俳句、エッセー、ノンフィクション等の寄稿された作品と 高砂支部会員が居住している地域社会での出来事や、ふるさとの名所・旧跡、歴史等を会員の投稿により紹介するコーナーです。
  応募先は、鐘華会の機関誌「鐘華ニュース」の最終ページに記載されています高砂支部の鐘華編集委員のメールアドレスにワードで記載し、 写真は拡張子.jpegて寄稿して下さい。

寄稿者 掲載年月 題  名(件 名) 掲載先(リンク)
宮本和夫 H29.10.26 古きよき昭和歌謡をあなたに  
宮本和夫 H29.09.03 へたのカメラ長(なが)談義  
宮本和夫 H29.05.24 第109回~日本人の心・視て歩き~
 灘の生一本のみなもと「宮水」と酒蔵めぐり
 
波戸義雄 H27.10.18 登山付き筑波山一周107キロウォークとJAXA見学  
波戸義雄 H27.08.08 青春18切符で周防大島一周100キロウォークと宮島弥山登山へ  
叶 敏次 H27.06.19 ぶらり兵庫 「関西花の寺」  
波戸義雄 H27.05.03 55kmを2周!!「糸島三都110キロウォーク」と大濠公園散策  
叶 敏次 H27.04.10 旅日記 観桜の旅 失敗の記
倉掛一夫 H26.11.28 H26 紅葉巡り
宮本和夫 H26.11.07 第91回~日本人の心・視て歩き~
 サントリービール工場見学と「長岡京巡り」
波戸義雄 H26.11.23 加古川ツーデーマーチと楽しい仲間
宮本和夫 H26.11.07 第90回~日本人の心・視て歩き~ 「明日香の里」巡り 
波戸義雄 H26.10.20 「岸和田城~明石城100キロウォークでのスタッフ奮闘記」
倉掛一夫 H26.10.11 「ゆったり岬の灯台・神社」
叶 敏次 H26.10.08 ぶらり兵庫 「アルプス縦走」
宮本和夫 H26.10.06 山陰旅行(大山寺⇒はわい温泉⇒三佛寺⇒城崎温泉⇒温泉寺等々)
叶 敏次 H26.09.21 ぶらり兵庫 「一真坊」
波戸義雄 H26.09.19 神奈川三浦半島一周「赤い靴ウォーク」100キロと横浜散策
宮本和夫 H26.09.10 「阪神-巨人」第22回戦「頼みのメッセ最短KO」
宮本和夫 H26.08.14 京都貴船の川床料理と岩倉実相院・下鴨神社へ
波戸義雄 H26.07.18
霞ヶ浦一周116キロウォークと予科練平和記念館
波戸義雄 H26.05.14
佐世保~島原105キロの楽しい?ウォークと雲仙普賢岳登山
倉掛一夫 H26.04.12 京都醍醐寺から宇治の平等院へ桜巡り
宮本和夫 H25.12.29
イブの日に
宮本和夫 H25.12.03
湖東三山と湖北二山の紅葉巡り
倉掛一夫 H25.10.19
木曽の御嶽山、開田高原、乗鞍岳等の紅葉の現況
宮本和夫 H25.09.15
第83回「日本人の心・視て歩き」・・・番外編
~橿原市・今井町から橿原神社へ~ 
宮本和夫 H25.09.15
第83回「日本人の心・視て歩き」
~橿原市・今井町の町並み巡り~ 見聞記
宮本和夫 H25.05.05
第82回「日本人の心・視て歩き」
~大河ドラマ「八重の桜」の新島襄・八重さんに会いに行こう~見聞記
倉掛一夫 H25.02.21
播磨灘周遊立寄りのドライブ
宮本和夫 H24.11.15
紅葉の但馬路を訪ねて
吉田 登 H24.10.30
喜寿の挑戦・富士登山
吉田 登 H24.4.11 道徳教育の副読本に登場した工楽松衛門
吉田 登 H24.3.20 カネカ高砂工業所の歴史を辿る。その-Ⅴ(完)
吉田 登 H24.3.21 カネカ高砂工業所の歴史を辿る。その-Ⅳ
吉田 登 H24.2.8 カネカ高砂工業所の歴史を辿る。その-Ⅲ
吉田 登 H24.2.4 カネカ高砂工業所の歴史を辿る。その-Ⅱ
吉田 登 H24.2.4 カネカ高砂工業所の歴史を辿る。その-Ⅰ
叶 敏次 H24.2.8 お家さん(鈴木よね)
吉田 登 H24.2.2 美濃部達吉の妻多美について
「巌頭之感」に纏わること

支部トップへ